決意・熱意[創業時を語る]
株式会社 イベントプロデュース ガッツ
代表取締役 漆山 芳弘

イベント会社との出会いは、サンタクロースのアルバイトで佐渡島の幼稚園を廻る仕事でした。衣装と袋を手渡され単独で廻った時の感動は、今でも忘れられない思い出となってイベント業にのめり込むきっかけとなりました。
行く先々での園児たちの歓声、先生たちの微笑み。仕事を終えて両津港を後にする時は、各園で頂いたお土産、お礼の手紙、そしてたくさんのギャラを手にして思わずガッツポーズ。
「これだ!ヒーローになれる職業はイベントだぁ!」。

さて、決意・熱意と創業時を語るには、まだまだヨチヨチ歩きの会社で気恥ずかしい限りですが、ほんのちょっと振り返ると、会社設立時に法務局へ行けば、イベント業たる項目なしの回答。職安に求人を申し込めばイベント会社?と怪しまれ、挙げ句の果てに営業にでれば、イベント屋が弁当屋と勘違いされ、へこたれる日々でした。

それでも、捨てる神あれば、拾う神ありで、以前から叱咤激励してくれるエージェントの皆さん、各局の皆さん、取引業者の皆さんの温かいお言葉?「だいじょうぶなんだがぁ…」の声に支えられ今日に至っております。

これからも、素敵なご縁を大切にして、山形のイベントに貢献できれば幸いです。

-閉じる-