決意・熱意[創業時を語る]
株式会社 アドコーポレーション
代表取締役 渡邊 信行

1986年12月8日、河北新報を主要取引媒体として仙台市内のマンションの一室を借り、若干30歳にて創業致しました。
広告業を通して「地域社会を大切にそして貢献していこう」といった考えを基本理念に掲げ、東北6県にネットワークをひき、それぞれの地域に根差しながら地域広告を開拓していく、そして100人の会社を作りたい。というような漠然としていて、そして夢のような目標をもっておりました。
当然、当時の社員の人達は誰も信じてはいなかったようです。私自身も会社経営という事の重さに全く考えが至らず、志のようなものと勢いだけで独立したようなものですので、今思うと本当に若さという武器は強いものでもあるし、恐ろしいものだなと、自分の事ながら思い出し笑ってしまいます。

そして、創業の翌年に山形に支社を設立したものを皮切りに現在では6県9事務所、130人余名のスタッフの規模にまで成長することが出来ました。
運の良さと人材に恵まれたことが現在の状況を作り出した大きな要因とは思いますが、目標達成への強い思いと、ほんの少しの勇気があれば何とかなるもんだな、と感じております。
今後何かを目指す若い方々へ少しでも参考にして頂ければうれしく思います。

-閉じる-